第3回ワークショップ

日程:2016年12月5日〜7日

場所:北海道大学 学術交流会館 第4会議室

定員 : 50名

(お申し込みが定員に達しました)

プログラム

12月5日

13:00   受付開始

14:00- 全体説明•集団遺伝 手島康介 九州大学

15:00- 統計的推測 間野修平 統計数理研究所

16:00- 集団遺伝学的解析 長田直樹 北海道大学

17:00- ゲノム解析 藤本明洋 京都大学

6日

10:00- 分子進化•系統解析の方法:実演と実習  井上潤 OIST

13:00- 集団遺伝解析の方法:実演と実習 河合洋介 東北大学

15:00- 研究事例紹介1

15:00-15:40 伊藤公人    北海道大学

インフルエンザウイルスの集団遺伝

15:40-16:20 佐々木剛 東京農業大学

セキショクヤケイの家畜化の起源

16:30-17:10 小泉逸郎 北海道大学

長期野外データと集団ゲノム解析によりサケ科魚類の適応進化を理解する

17:10-17:50 陶山佳久 東北大学

MIG-seq法:NGSによる簡便な遺伝的多型解析

7日

9:00- 研究事例紹介2

9:00-9:30 和田隆宏 関西大学

勝沼ショウジョウバエ集団における致死遺伝子動態のモデル解析

9:30-10:00 加藤徹 北海道大学

ハワイ産ショウジョウバエの起源

10:10-10:40 鈴木治夫 慶応義塾大学

微生物ゲノム配列解析

10:40-11:10 荒木仁志 北海道大学

環境DNAを用いた水圏動物研究の現状と課題

11:10-11:40 安田仁奈 宮崎大学

オニヒトデのゲノム解析

12:00頃終了予定

後援

統計数理研究所 統計思考院 公募型人材育成事業

公益信託進化学振興木村資生基金

広告